PC

gitのエラー対処 #1

何度もやる操作ではないが、少し困ったので共有します.

実現したいこと

既存リポをgitリポにして、リモートリポと結びつけローカルからpushする.

エラーが発生した操作

① git init (既存のリポをgitリポにするコマンド)

②    git remote add <リモートのURL> (ローカルとリモートを結びつける)

③ git add . (Staging Areaにあげる)

④ git commit -m “<message>”(ローカルにcommit)

⑤ git pull origin main (リモートからfetchしてmerge)

⑥ git push origin main (リモートにpush)

エラーの分析

エラーメッセージを見るとローカルのブランチがリモートのブランチより遅れている.即ち、リモートにはローカルにはないコミットが存在すると書いてあります. 

この状況を解決するには、一度rebaseして、リモートにあるリポを親にしなおすのが良いと思います.

エラーの解決法

解決手順

① git init (既存のリポをgitリポにするコマンド)

②    git remote add <リモートのURL> (ローカルとリモートを結びつける)

③ git add . (Staging Areaにあげる)

④ git commit -m “<message>”(ローカルにcommit)

⑤ git pull –rebase origin main (リモートからrebaseしてpullする)

⑥ git push origin main (リモートにpush)

まとめ

ただgitリポにしてリモートと結びつけただけだと、ヒストリーがないからローカルがリモートより遅れてしまう. 

したがってrebaseする必要があった.

PAGE TOP